心配性で考えすぎてしまう性分が9割損する中で月10万円稼げるメンタルに化けてしまった

マオです。


僕は予定が詰まってくると混乱するし、
リスクばっかり頭に浮かぶ心配性だけど、

その性質を活かして、9割の人間が損する副業で月10万円稼げた。

昔は心配性をマイナスに見ていたけれど、

月10万円稼いだ経験を通して、今では、

 そんな気にしすぎる性質をどう使うか?どう活かすか?

が大事なんだなー、と腑に落ちた。

今回は気にしすぎる性質を活かした僕の実例や
読んで頂いている方にも応用できる話をしていきます。

心配はリスクを解決するきっかけ

行動に二の足踏むのは、

 「これやったら未来どうなるか?」
 
を考えるから。

しかも自動的に。
「考えるな!」と言われても、気になっちゃう。

だから高校生の時、好きな人がいても、
自分が近づいてちょっと眉を潜められただけで、

 「僕、嫌われてんじゃないか?」

と怖がって、結局告白できなかった。

 「ちくしょー!あの時勇気出して告白していれば…(泣)」


そんなビビリな性分って、ウケが良くない。
社会では、勇猛果敢がもてはやさされるんですよね。

だから人気のドラマやマンガの主人公はほぼ皆、
勇気があったり、恐れを知らずに行動する。

『半沢直樹』の

 「やられたらやり返す。倍返しだ!」

は流行語になったけれど、僕だったら、

 「さらに倍返しされたらどうすんの?」

と先にリスクを考えますねw


でもその「先にリスクを考える性質」こそが、
予定が詰まると混乱したり、怖がりな人の才能に変わる。

なぜなら
リスクを考えられる=大失敗しない
だから。

リスクを考える大切さは、
頭ではほぼ誰でも分かっている。

「頭」ではね。


大事なのは、実際にリスクに出くわした時に、

 「前に決めた通り、こう対処しよう」

と動けること。

これができるかどうか?は、

 ・ちょっとしたすれ違いを修復できるか、破局にしてしまうか
 ・株の損を最小にできるか、破産一直線か

の分かれ目なんですよね。

そして行動に慎重な内向型の人ほど、
前もって考えてたとおりにリスクに対処できる。

FXのプロも認める、リスクを自然と考える人間の強さ

僕自身、リスクを考える性質が強みと感じたのは、
副業でFXをしていた時でした。

FXのみで年収900万円を超えるプロと出会って、
学んでいたコミュニケーションの知識をフル活用して
仲良くなった結果、

FXの稼ぎ方を教われるようになった。

最初は「FXってギャンブルだろ?」と思っていたけれど、

実は稼ぎやすいタイミングとか、
為替チャートがどう動きやすいか、
の法則があることも知った。

だから教われば教わるほど、

 「僕って無知だなー」

と悔しくなっては、また学ぶの繰り返し。

プロに金を払って、往復1時間の道を運転して、
1年間学びに行ってました。


その結果僕は、経験ゼロだったのに、
月10万円を稼ぐことができた。

この時はめっちゃ嬉しかったですね。

記念に1人でゆったり日帰り旅行して、
心も体もリラックスさせてきました^^


そんなある日。
プロから、こんな問いかけをされた。

 「FXでいちばん大事なのは何だと思う?」

チャートを読む力?
為替の動きを予想する力?
損切りのタイミング?

色々思い浮かんだけれど、
実はもっと意外なものが正解だった。


 「何が何でもメンタルが大事なんですよ」

これがプロの答え。
その理由はこちら↓

 「FXは9割の人が損して、撤退してしまいます。
  その中には、チャートの見方をしっかり学んだ人もいる。
  『〇〇円より下がったら売る』ルールを持っていた人もいる」
  
 「それでも損してしまうのは、いざ損しだすと、
  メンタルが崩壊して、知識やルールが吹っ飛んでしまうから。
  『このままじゃまずい、上がれ!』と祈るだけで、
  リスクを対策しなくなってしまうんです」

知識やルールがいくらあっても、
使うべき時に使えなきゃ勿体ない。

普段からリスクを考えていれば、
怖がりながら「ああしよ」「こうしよ」と
対策を考えられる。

だから実際にリスクが来ても、
その怖さももうシミュレートしているから、
冷静に対処できる。

これこそ、慎重な内向型人間の強さであり、
才能なんです。


僕も月10万円稼いだ時は、
何度も大損しそうなピンチはあった。

でもその都度僕は、考えていたリスクと対処を、
決めたとおりにやっていった。

 「買い注文と同じだけ売り注文を出して、
  損する額を500円で固定しよう」
  
 「4連続で損したら、一旦切り上げよう」

チャンスは待っていればいずれ来るから、
その時にまた取引すれば、最終的には稼げた。

今思えば、
「リスクを考えて行動する」メンタルが
もともとある内向型だからこそ、

僕は特別ムリをせずとも、月10万円を稼げた。

もし僕が、失敗を恐れずに行動する外向型人間だったら、
損した時にメンタル崩壊していたと思います。

一見するとマイナスぽく感じる性質でも、才能に変えられる

「予定が詰まってくると混乱する」
「リスクばっかり頭に浮かんで動けない」

と悩む内向型やHSPの人は多い。

けれども知ってほしいのは、
一見するとマイナスぽく感じる性質でも、
才能に変えられるんだよ、ということ。


逆に失敗をおそれずに行動する人は、
リスクを冒したがって、それで手痛い目に遭う。

実際に、リーマンショックを引き起こしたのは、
当時のウォール街に、リスクを冒したがる金融マンが
多かったから、とも言われている。

世間じゃ

 ・誰とでも初めから打ち解けられる
 ・失敗をおそれずに行動できる

のが理想みたいに思われているけれど、
そんなことは無い。

小学校で「友達100人できるかな」と歌わせるけど、
それよりも

 ・心の支えになる人
 ・自分の知らない世界を見せてくれる人
 ・自分が憧れる人
 ・気の合う人

を選んで、仲を深めていくほうが大事だと
僕は思います。

リスクを考える怖がりも、使い方次第で才能に変えられる。
と知っていただけたら、嬉しいですね。

リスクを考える性質を活かす方法は「〇に〇〇」

最後に、リスクを考える性質を上手く使うため、
僕もやってみてよかったと感じた方法を紹介します。

それは「紙に書く」こと。

転職とかデートの誘いとかで悩んでいる時に、
「行動するリスク・メリット」と
「行動しないリスク・メリット」を
書いていく。

これだけです。


リスクを考えると頭がどうしても混乱したり、
怖さが出てきますけど、紙に書くことで
気持ちを整理できるんですよね。

しかも客観的に見れるようになるから、
怖さを抑えてリスクと向き合えるようになる。

その上で
「転職するかしないか」
「デートに誘うか誘わないか」
自分にとっていい方を選べばいい。

ブログを始めたきっかけ

==========

コミュ障だった僕は7000人の前でスピーチしました。

さらに

職場と家の往復で1日終わっていたのが、
初対面から気の合う友達となっては一緒に人狼ゲームしたり。

コールセンターのお客様対応アンケートで、
センター1番の高評価を得たり。

口説いてるつもりゼロなのに新卒OLからデートに誘われて、
その後で恋人になったり。

職場で苦手な人に振り回されないで、定時に帰っては
趣味の作曲に没頭したり。

そんな日常を過ごしています。

就活時代に、面接が苦手すぎて15社落ちて、
会話が苦手すぎて解雇寸前だった新卒時代の僕が
今の僕を見たら、

「お前本当に俺かよ?」とひっくり返ると思います。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。
「人間そんなに簡単に変われるものか」と。

でも僕はもともと「人付き合い=ストレス」と感じていましたし、

高校デビューに失敗したために、
休み時間は図書室で1人本を読むのが日課。

「どう話しかけたら仲良くなれるの?
 言いたいことが伝わるの?」

職場でもプライベートでも、
事あるごとに悩んでました。

そんな僕でも、
お客様対応でコールセンター1位を取って感謝されたり、
悩みを相談できる友達ができるようになりました。

センスじゃなくて、結局、知っているかどうか。

そしてやるかやらないか。

これで差がつくんですよね。

学んでいけば誰でもできるし、僕の教え子でも1ヶ月で

「職場の後輩が自分から動くようになりました!」
と、変わりように驚いています。

ここに至るまでの過程とか、
こうやって情報発信している理念とかを、記事に書きました↓

解雇寸前だった僕が気にしすぎる気質を才能に変えて7000人の前で話すまで

ブログに書いていない話はメルマガで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です