親しくなった先生から秘密のスポットを聞いてデートで使ったら付き合えるようになった話

マオです。

20年前と比べたら、遥かに情報量が増えたので、
まるで「検索すればなんでも分かる」みたいに思われています。

だから、何でもかんでも聞いたら「ググれ」と返される。
ググれば欲しい情報が出てくるから。

でもこれ、
半分当たっていて半分間違っている考え
と思っています。

これは僕がコミュニケーションの型を学んだ結果、
「人と会うのが楽しい」とマインドが変わり、
生い立ちも価値観も様々な人とたびたび、話すようになってからの実感です。

昔のように「人付き合い=ストレス」に縛られていた時代では、
まず気づけなかった。

東洋哲学の勉強会でお世話になっているI先生から、
デートスポットを教わった時もそう感じましたね。

その時の話を通して、
検索すれば分かるは本当か?
について書いていきます。

初めて会う人と、なーんか自分からカベを作ってしまうんです」
という人でも、これ1つ分かれば、

「あっ、そんなメリットがあるなら、初めての人とも関わってみようかな」
と前向きになれると思います。

「デートにオススメ」な港区の一等地を思いがけず教えていただく

その日は、前々からお世話になっているI先生の講座に、僕は参加していた。

11時半になって休憩中、講座で仲良くなった先輩や友達と一緒に話していたところ、
I先生が歩み寄ってこられた。

マオ
「I先生、今日もありがとうございます!」

I先生
「いえいえ、今日もご苦労さま。」

と簡単なやり取りの後、I先生から、耳寄りな情報を頂いたんです。

「この近くに、港区の一等地なのに、人が殆ど来ない海辺のレストランがあるんだ。
近所に住んでいる人のお宅に訪問した時に、案内していただいてね。

そこがオシャレだし、落ち着けるし、リーズナブルだしで、すごく良かった!
もし昼ごはんの場所が決まっていなければ、どうぞ。

デートにもオススメだね」

と。

なに、デートにもオススメ、だと?

聞いた僕は、そのレストランをすかさずipadを取り出して、場所を調べた。

素直にモテたいわ~と思った(笑)のもあるけど、

ちょうどその時、仲が深まっていって、デートに誘いたいな~、
と考えていた女性がいたから。

「ねえ、せっかく勧めてくださいましたし、行きましょうよ!」

と一緒にいた先輩や友達を誘って、さっそく出発。

「デートの下見にもなるし」と心密かに思いながら。

 

講座の会場から歩いて15分で着いたそのレストランは、
まるでリゾート地のようなたたずまいで、
どことなく外国感がある、オシャレな店でした。

しかもオシャレで港区の一等地にもかかわらず、
1,300円でサラダバー食べ放題だし、土曜日だけどゆったりできる。

すんごい開放的なのに、隠れ家レストランのよう。

「いやあ、ここ、すごいっすね。
I先生から教えていただいていなかったら、
絶対見つけられなかったですよ」

と僕も感激したし、先輩や友達も自然と顔がほころんでいました。

肝心の料理も十分美味しいし、サラダバーも15種類は取れるし、
しかもドリンクも飲み放題!

大満足でした★顔

そして、デートの下見も忘れちゃいない。

「これならデート場所としてもいいし、
しかも景色が良くて、意外に人が来ないから、
告白にも持ってこいだな」

と、値踏みもバッチリできました!

 

で、講座の会場に戻った後、嬉しさのあまりすぐに

「いやあ、レストランを紹介していただいて、有難うございました!
オシャレで落ち着けて、しかもリーズナブルで美味しいと、大満足です!」

と、I先生に感謝をお伝えしました。

あまりに勢いがありすぎたのか、I先生がむしろ面食らっておられたけど(^^;)

レストラン前の船着き場で告白が叶ってハッピー

それから1ヶ月が経ったころ、
仲を深めていた女性からデートの誘いを受けたりと、
着実に進んでいたし、しかもその場で次の約束も取れたりと、いい感じになってきました。

そろそろ告白イケるかな?

と気ははやるけど、やっぱりフラれる恐怖もある。

なんせ僕は大学生のころ、気になった同級生と関わろうとして、いきなり

「授業のノート見せて!!」

といって、ドン引きされた苦い経験があったから。

「う~ん、100%確実に成功とはいかなくても、
少しでも成功率を上げるにはどうしたら…★顔」

と悩んでいた時に、思い出した。

「そうじゃん、I先生から教えていただいたレストラン前のスポットがあるじゃん!」

あいにくデートの日の夜は、レストラン自体は定休日だったけれども、
レストラン前にたたずむ船着き場も、どことなく異世界感があってオシャレ。

しかもオフィス街から離れていて人も来ないから、野外なのにプライベート空間。

「よし、コレだ!船着き場に誘おう」

 

当日。

彼女とは「一緒に夕食に行こう」と約束していたので、まずは夕食から。

そこでも話はいい感じで盛り上がった。

子供の頃の話とか、将来やりたいこととか。

特に全国で1000人位の流派の空手を、
別々の大学で同じくやっていた、と知った時は
お互いマジでビビってた(笑)

場も盛り上がってきたところで、

「この辺にさ、静かで落ち着いて海を眺められる場所があるんだ!
一緒に行こう」

と僕から切り出して、彼女と共に店を後にした。

近づくにつれて心臓の鼓動が大きく聞こえてきたけど、
ごく自然体を装いながら会話していたら、船着き場に到着。

「わあ、風が気持ち良いですね!
しかも静かで、こんな場所があるとは知らなかったです!」

彼女も喜んでくれている。
よし、今だ!

「で、その。。。僕と付き合ってほしいです!!」

と告白。

その後、一瞬の間が空いて、、、

「え!、、、嬉しいです!」

との返事が。

しゃあーーーーーー!

と心の中で叫びながら、飛び上がりたくなるほど嬉しかったです★顔

 

駅までの帰り、楽しく彼女と話しながら、僕は改めてI先生に感謝せずに折れなかった。

「あの日あの時、レストランを教えてくださったおかげで、
僕は付き合うことができました!!」

と。

検索する気の無かった情報がブレークスルーになる

。。。だいぶ濃ゆい話になりましたが(^^;)

結局、何を一番お伝えしたいかと言うと、

検索する気の無かった情報が、自分のブレークスルーになるんだよ。
それは人との関わりで、得られるものだよ。

ということ。

僕は正直なところ、関心はあったけど

「告白スポットはどこがベストだ!?」

と、躍起になって探すほどではありませんでした。

だから告白スポットを検索はしなかった。

「検索すれば何でも分かる」というのは、現代でしたらあながち間違っちゃいないですよ。

少なくとも東京の告白スポットは、彼女との交際が始まった後、
検索したら見きれないほど大量にありました。

けれども「検索すれば」、が前提なんですよね。

裏を返せば、検索しなければ知ることができない。
もっと言えば

「自分にとってコレが大事だ!」という気持ちが無ければ、
「検索しよう」という思いにならないから、
ネット上に情報があっても、知ることができない

のです。

だから「検索すれば何でも分かる」かもしれないけれど、
自分にとって必要な情報が得られない、なんてことはよくあります。

たとえば年10万円以上の医療費を使った人には、
医療費控除という制度があって、
確定申告すれば支払う税金を少なくできます。

当然、国税庁のページでは説明されている。

でも「医療費かかりまくったから、税金安くならんかな」
というように関心が無ければ、その国税庁のページにたどり着けないです。

だから知らぬ間に、機会損失しているケースって、多いんですよ。

 

だけど、色々な人とコミュニケーションを取れれば、
そんな機会損失も減らせるし、チャンスも増えるんです。

たとえば「いや~、今年は手術があったから、医療費がかさみましたよ~」
と雑談していた相手が税理士とか、入院した経験のある人でしたら、

「それは大変でしたね。。。
ちなみに医療費の控除ってやる予定ですか?」

みたいに、向こうから情報をくれることもよくあります。

自分は医療費控除なんて知らなかったのに、
知っている人から情報をプッシュしてくれるんですよね。

これは検索には無い、すさまじいメリットなんです。

有名人でもデビューしたキッカケとか、有名になった転機とか聞いていると、
人に勧められたのがキッカケや転機だった、というのも少なくありません。

これも検索には絶対に無いことです。

だから

初めての人とでもコミュニケーションしていくと、
自分の知らなかった情報が得られて、転職のきっかけになったり、
悩みが解決するキッカケが得られることもある。

コレが分かると、
「人と関わるのが苦痛」と思っていても、関わるのに前向きに慣れると思います。

 

PS.

今回書いた、港区の告白スポットを聞きたい!

と思った人がいましたら、上部メニューの「問い合わせ」から

連絡いただければお伝えします(*^^*)

ブログを始めたきっかけ

==========

コミュ障だった僕は7000人の前でスピーチしました。

さらに

職場と家の往復で1日終わっていたのが、
初対面から気の合う友達となっては一緒に人狼ゲームしたり。

コールセンターのお客様対応アンケートで、
センター1番の高評価を得たり。

口説いてるつもりゼロなのに新卒OLからデートに誘われて、
その後で恋人になったり。

職場で苦手な人に振り回されないで、定時に帰っては
趣味の作曲に没頭したり。

そんな日常を過ごしています。

就活時代に、面接が苦手すぎて15社落ちて、
会話が苦手すぎて解雇寸前だった新卒時代の僕が
今の僕を見たら、

「お前本当に俺かよ?」とひっくり返ると思います。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。
「人間そんなに簡単に変われるものか」と。

でも僕はもともと「人付き合い=ストレス」と感じていましたし、

高校デビューに失敗したために、
休み時間は図書室で1人本を読むのが日課。

「どう話しかけたら仲良くなれるの?
 言いたいことが伝わるの?」

職場でもプライベートでも、
事あるごとに悩んでました。

そんな僕でも、
お客様対応でコールセンター1位を取って感謝されたり、
悩みを相談できる友達ができるようになりました。

センスじゃなくて、結局、知っているかどうか。

そしてやるかやらないか。

これで差がつくんですよね。

学んでいけば誰でもできるし、僕の教え子でも1ヶ月で

「職場の後輩が自分から動くようになりました!」
と、変わりように驚いています。

ここに至るまでの過程とか、
こうやって情報発信している理念とかを、記事に書きました↓

解雇寸前だった僕が気にしすぎる気質を才能に変えて7000人の前で話すまで

ブログに書いていない話はメルマガで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です