桃鉄とモノポリーをやって知らされた勝ちパターンの王道

マオです。

僕は子供の頃からゲームが好きで、
今も人間関係のストレスを無くすためのコミュニケーションの型を教える合間に、
時々ゲーセン行くんですよね。

お気に入りのゲームもあるのですが、
やっぱり思い入れが深いのは、
友達の家でやった桃鉄とモノポリー。

桃鉄は日本全体のすごろくで、
最後に一番総資産額の多い人が勝ちなゲーム。

モノポリーは円状のマスを回るすごろくみたいなもので、
最後まで破産せずにいた人が勝ちなゲーム。

面白いは面白いのですが、ゲームの中とはいえ金が絡むし、
普通に相手のモノを奪う行動もあるので、
「友情破壊ゲーム」ともいわれたりします(^_^;)

基本はサイコロを振って進むので、
最初は「なんか運ゲー要素強いよな、格ゲーと違って」
と思っていたのですが、
今ではそうは思わない。

勝ちパターンがあるんですよね。
しかも桃鉄とモノポリーに限らず、幅広く使える勝ちパターンが。

今回はそんな勝ちパターンを、2分くらいにまとめて書いていきます。

桃鉄とモノポリーで勝てず悔しかった小学生時代

小学生のころ、僕は人見知りで友達があまり多くはいなかったのですが、
その中で特によく遊んだ友達がいました。

名前はJ(イニシャル)。

Jの家は定食屋で、時々Jのご両親が、
まかないを出してくださったのが懐かしいです(*^^*)

んでJの家に行ったら、必ずやったのがゲーム。
オセロやアクションゲーム等、様々なゲームをやったのですが、
その中で桃鉄とモノポリーもやりました。

僕はどちらも持っていなかったので、
「どうやって遊ぶの~?」
とJに聞いては、

勝った記憶が一切ない。

「うあああ~~!!(ノД`)」

と悔しくて泣いてましたね。

そうこうしている内に中学生になって、
互いに部活動が忙しくなって、
すっかりプレイする機会が無くなりました。

上手い人のプレイを見て知った勝ちパターンの王道

再び桃鉄とモノポリーに触れたのは、社会人になってから。

「プレイ動画」や「試合の中継動画」が動画サイトにアップロードされていて、
何の気無しにプレイを眺めていました。

しかし見ていると、強い人のプレイスタイルは
桃鉄でもモノポリーでも共通していました。

しかも小学生の時の僕も目にはしていたのに、
心にも留めていなかった方法で。

強い人はみんな
金さえあれば資産をガンガン買っていたのです。

桃鉄もモノポリーも、物件のあるマスに止まり、
かつ誰も物件を持っていなければ買える仕組みがあります。

さらに自分が物件を持っているマスに止まれば、増資もできる。

すると、

資産を持つ

自動で収入が得られる

得た収入で別の資産を買う・増資する

さらに多くの収入が自動で入る

(以下、繰り返し)

で、資産があるとますます資産が増える。

そしてどんどんと楽なゲームになっていて、勝利する。

これが強い人に共通したプレイでしたね。

 

一度知れば、理屈は分かりやすい。

だけど物件を買えば、その時は手元の現金が減るのは事実。

小学生の僕はこれが怖くて
「今は余裕ないし、何か起きたら借金になるから・・」
と、物件を買うのをためらっていました。

一方でJは、金さえあれば物件を買っていたのです。

当時はJに対して、
「金を払うイベントが起きたら借金になるのに、怖くないの?」
と思っていたのですが、

今思うとJは
勝ちパターンに忠実にやっていたから、連勝していたんだ
とめっちゃ納得しています。

才能やセンスとか、一切関係なく。

桃鉄とモノポリーに限らず勝てる理由

んで僕も仕事柄、色々と本を読むのですが、
読めば読むほど分かるのが

ビジネスやスポーツ等、あらゆる分野で、資産を作るのが勝ちパターンだ

ということ。

資産とは、未来に続けて利益を与えてくれるものです。
たとえば

  • 自動収入
  • 健康な状態
  • ストレスフリーな生活

ですね。

まるで金太郎アメのように、
分野や人を問わず、同じことを言っているんですよね。

「資産を作れ」

と。

「資産を作る」という考えは、桃鉄とモノポリーに限らないのです。

 

だから本を読んだり、成功している人と話すほど知らされます。

未来に続けて利益を生むものに、
時間や体力やお金を使うのが、いい戦略なんだと。

例えば

  • 失敗や時間のロスを減らすために、また人に任せられるように、仕事のマニュアルを作る
  • 動画やブログを投稿する
  • 長く使えるスキルを磨く

も「資産を作る」ことになりますね。
未来に続けて利益を生むから。

  • マニュアルを作れば人に任せられて、
    自分は自分にしかできない価値の高い仕事に集中できる。
  • 動画やブログを投稿すればずっと残るから、
    広告を付けたりして自動収入を得られる。
  • 長く使えるスキルを身につければ、
    会社でもサークルでも長く大事にされる人になれる。

というように。

僕は冒頭でも書いたように、
人間関係のストレスを無くすためのコミュニケーションの型を教えていますが、
コミュニケーション力も長く使えるスキルです。

というか、一度身につければ一生使えます。

現代の社会では、
人と一切関わらずに生活する、ということがないので。

なんでコスパ最高のスキル、とも言えます。

 

仕事などで
「今のままじゃあかん、何かしないと」
と思うほど、何に力を入れるか、って問題になりますよね。

そんな時は

未来に続けて利益をもたらす、資産を作るのに力を入れる

のはいかがでしょうか?

ブログを始めたきっかけ

==========

コミュ障だった僕は7000人の前でスピーチしました。

さらに

職場と家の往復で1日終わっていたのが、
初対面から気の合う友達となっては一緒に人狼ゲームしたり。

コールセンターのお客様対応アンケートで、
センター1番の高評価を得たり。

口説いてるつもりゼロなのに新卒OLからデートに誘われて、
その後で恋人になったり。

職場で苦手な人に振り回されないで、定時に帰っては
趣味の作曲に没頭したり。

そんな日常を過ごしています。

就活時代に、面接が苦手すぎて15社落ちて、
会話が苦手すぎて解雇寸前だった新卒時代の僕が
今の僕を見たら、

「お前本当に俺かよ?」とひっくり返ると思います。

そんな話を聞くと、なんかコイツめっちゃ怪しいとか思うかもしれません。
「人間そんなに簡単に変われるものか」と。

でも僕はもともと「人付き合い=ストレス」と感じていましたし、

高校デビューに失敗したために、
休み時間は図書室で1人本を読むのが日課。

「どう話しかけたら仲良くなれるの?
 言いたいことが伝わるの?」

職場でもプライベートでも、
事あるごとに悩んでました。

そんな僕でも、
お客様対応でコールセンター1位を取って感謝されたり、
悩みを相談できる友達ができるようになりました。

センスじゃなくて、結局、知っているかどうか。

そしてやるかやらないか。

これで差がつくんですよね。

学んでいけば誰でもできるし、僕の教え子でも1ヶ月で

「職場の後輩が自分から動くようになりました!」
と、変わりように驚いています。

ここに至るまでの過程とか、
こうやって情報発信している理念とかを、記事に書きました↓

解雇寸前だった僕が気にしすぎる気質を才能に変えて7000人の前で話すまで

ブログに書いていない話はメルマガで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です